2カ国留学:カリフォルニア留学+もう1カ国

アメリカはもちろん英語ネイティブ国。英語初心者の方であればあるほど、初期の生活は苦労されています。最初の英語生活がよりスムーズに進むよう、フィリピンなど費用が抑えられるスパルタな環境のアジア圏での留学を最初に挟むことで、留学のスタートダッシュを効率的に進める方が増えています。

Europe

2カ国留学とは

2カ国留学、3カ国留学とは言葉の通りにはなりますが、通常の1カ国の留学ではなく、複数国の留学です。しかしながら、もちろんフライトに多く乗る必要があったり、入学金が再度かかったりといいことばかりではないですが、そんな中でなぜ2カ国留学が増えてきているのでしょうか。

カリフォルニア2カ国留学の2つのメリット

1留学費用が低くなる!?

留学費用についてはフライト代、入学金など1カ国よりも国、学校が増えるので余計に発生してしまいます。それにも関わらず留学費用は低くなるのでしょうか?

これはフィリピンやフィジーなどの東南アジア地域の留学と合わせての2カ国留学のケースとなりますが、フィリピンなどは学校と寮が同じ施設にまとまっていますので、留学費用相場は滞在費や食費を含めても月15万円ほどです。これはカリフォルニア留学の約半分ほどになります。最初の2ヶ月をフィリピン留学にするのであれば留学費、滞在費で約30万円ほど節約することが可能です。

2.まったく違った環境で積む経験

カリフォルニアなど主要英語圏での留学は1週間に20レッスンが平均となっています。一方でフィリピンやフィジーでの授業はネイティブではない代わりにマンツーマンであり、授業時間も長いです。週40時間の授業のところも多いです。主要英語国の2倍以上にもなります。留学費用がそもそも低いというメリットに加えて、授業時間も多いというのはとても充実しています。一気に英語力のスタートダッシュをつけて成長し、カリフォルニアでは実践として英語を使っていくことができるのはより一層成長を加速させてくれます。

カリフォルニア2カ国留学の2つのデメリット

1.フィリピン留学の場合は日本人、韓国人などアジア人がほとんど

日本人が100%というフィリピンの学校もあります。授業はフィリピン人講師とのマンツーマンが一般的ですので、あまり周りの国籍は関係ないのですが、留学としてよくイメージされる多種多様な国籍の留学生と友達となり英語で会話をするというのは難しくなります。

そのため、フィリピンとカリフォルニアでの2カ国留学の場合は、前半のフィリピンでは友達を作るというよりはマンツーマンで英語力を最大限上げることに集中し、その英語力を使ってカリフォルニアで実践しようと考えて取り組むことができるととても良いと思います。フィリピンやフィジーはアジア人留学生がほとんどということがありますので、実際にこのようにフィリピン後に別の英語圏へ留学される方は多くなっています。

2.講師は非ネイティブ

フィリピンやフィジーでは日常的に英語が使われていますが、ネイティブというわけではありません。ですがこれはそれほど大きな問題ではありません。ネイティブではないと言っても日常英語を学ぶ上ではほとんど問題ありません。ただネイティブではないので、フィリピンのあとに行く英語圏で学ぶ英語は少しギャップがある、ということを知っておかなければなりません。

カリフォルニア留学センターでの2カ国留学

カリフォルニア留学センターではカリフォルニア留学をメインとして対応していますが、2カ国留学で悩まれる方のために他の全英語圏への留学手配についても対応しています。フィリピンからカリフォルニア、フィジーからカリフォルニア、その他英語圏からカリフォルニア、どの国からの2カ国留学も手配可能となっております。
また、2カ国留学割引を適用させて頂いておりますので費用はより抑えることが可能です。

カリフォルニア無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考