社会人にとってのアメリカ留学

america

カリフォルニア社会人留学

アメリカの西海岸に位置するカリフォルニアは、各国からのアクセスが良いことや気候の良さなどで世界中から多くの留学生が集まってきます。

そんなカリフォルニアには様々な要求に答えるべく、多くの語学学校があり、充実したプログラムが揃っています。自分が何を学びたいのか、目的がはっきりしている社会人の方にとっては勉強したい内容にそって学校を選ぶことができます。

また、カリフォルニアには多くの優良なIT企業が集まるシリコンバレーや、有名な大学も数多く存在しているため、志の高い留学生も多いのも特徴です。

study

社会人留学のメリット

社会人で留学となると今後のキャリアに活かせる語学力やスキルの取得を目指して、仕事を辞めて留学される方も多いのではないでしょうか。そんな方にアメリカを、その中でも特にカリフォルニアをおすすめしたい理由があります。

グローバルな交流ができる

おすすめしたい理由の一つ目は、地理的な条件から世界中の留学生が集まっているので日本にいてはなかなか体験できない多国籍の留学生と交流がもてるということです。留学で様々な国籍の学生と交流で様々な価値観に触れることでグローバルな視野を身に着けることができます。このグローバルな視野が留学後の就職にも役立ちます。

キャリアを見据えた選択肢が多いこと

おすすめしたい理由の二つ目は、留学生が多い分その受け入れ先としての語学学校や有名大学が多く存在することです。

語学学校が多いということはそれだけたくさんのプログラムが存在するので、自分にあったプログラムを見つけることができます。社会人の方ですと、留学の期間、費用などどうしても条件が限られてしまうので、その中で自分の目的にあった学校が見つけやすいというのは大きなメリットではないでしょうか。

また、学位によってサラリーが決まってしまうアメリカでは、MBAが代表するような実践的な勉強をする大学院プログラムがたくさんあります。

ただ、大学院というとそれだけハードルも高く、なかなか挑戦しにくいという方におすすめしたいのが、エクステンションプログラムです。このエクステンションプログラムとは、海外の大学が社会人向けに開講しているビジネス講座で、コース修了後にサーティフィケートを取得したり、インターシップを体験したりすることができるコースです。アメリカでもいくつかの大学がこのプログラムを提供していますが、カリフォルニア大学が提供しているエクステンションプログラムでは、9か月以上のコースを修了すれば、1年間有給で就労が可能なOPT(Optional Practical Training)を体験することが可能です。大学院と違って修士号取得はできませんが、大学院レベルの勉強ができて現地での就労も体験できます。

america

社会人留学のデメリット

上記のとおり、社会人留学でアメリカ、特にカリフォルニア留学をおすすめしてきましたが、おすすめできない理由もあります。

社会人留学の費用

他の国へ留学する場合もそうですが、おすすめできない理由の一つは、費用です。特に社会人の方はお仕事を辞めて行かれる方が多いので費用を気にされる方も多いのではないかと思います。
アメリカ留学の場合、留学する都市、滞在先や学校にもよりますが、年間約300万〜400万円かかると言われており、カリフォルニア留学も同じです。語学学校などの学費、ホームステイ代、渡航費用や現地での生活費などがかかってくるので金額が大きくなってしまうことは避けられません。(費用については、アメリカ留学の費用についての別の記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。)

目的が留学を左右する

こちらもアメリカ・カリフォルニア留学に限ったことではありませんが、留学の目的がその後のキャリアを大きく左右しかねないのもおすすめできない理由の一つです。
特にカリフォルニアは、その温暖な気候と地形からアクティビティが多いのも魅力の一つで、勉強以外にも楽しめてしまうことが、魅力でもありまたデメリットでもあります。そのため、目的がきちんと定まっていないとよそ見をしてしまい、思うようなスキルアップが計れなくなってしまう可能性があります。

いかがでしたか。
社会人留学はメリットもデメリットもありますが、かけがえのない経験が出来ることは間違いありません。将来の自分への投資だと思って、社会人留学にチャレンジしてみませんか?

 

カリフォルニア無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考